LEC行政書士過去問題集、お勧めの理由とは?

行政書士試験対策において一番の話題が、過去問学習は有効か否か?というものです。確かにここ数年の行政書士試験はかなり難易度が高く、また出題範囲が広いこともあり、「過去問学習は意味のないもの」そのような指摘が多く見られます。
しかし今学習しているのがどのような形で出題されるのか?これは過去問を通した学習が一番効率が良い方法と言えます。また出題傾向を探る上でも、いまなお過去問学習は有益なものと言えます。
そこで受験生の方におすすめしたい過去問題集がLEC(東京リーガルマインド)行政書士講座が作成した過去問題集です。これは「出る順行政書士過去問題集」と呼ばれています。か過去の行政書士試験を学習項目別に整理しています。
この過去問題集は学習項目別に編集されているため、受験生の方が普段の勉強をする際に使うのが最も効率的でしょう。講義を受けた復習の際やテキストを読み込んだ後に、このLEC行政書士過去問題集で実際の過去問に挑戦すると良いと思います。合格に必要な知識がしっかり身につくでしょう。
楽天ブックスより引用

持ち運びに便利で使いやすいB6サイズの過去問題集。いつでもどこでも学習できます。
<本書の特徴>
【1】『合格基本書』にリンク!解説に『合格基本書』の該当ページを掲載しているので、わからないところはすぐ確認できます。学習効率アップ!
【2】過去10年分の本試験問題を科目別、体系別に分類。苦手科目だけを重点的に学習するなど、効率のよい勉強ができます。
【3】問題の重要度・難易度表示により、学習進捗状況に応じた使い方ができます。
※『出る順行政書士シリーズ』でご利用いただくと、学習効果が高まります。